南沙織「春の予感-I've Been Mellow-」

minami-saori haruno-yokan.jpg

【発売年日】1978/01/21
【最高順位】25位
【売上枚数】7.6万枚


「春うた」第二弾。
昔の曲も捨てたもんじゃない。
今は引退して主婦の
大物アイドルの登場。
沙織ちゃんも、
今年で62才

春の予感 -I've been mellow-
南 沙織
¥ 250


この曲の情報アラカルト


沙織ちゃんの25作品目
引退の直前の作品。

この春のうきうきな感じは、
尾崎亜美作品の特徴ですね。
聖子もしかり。
お決まりの「資生堂春のCMソング

天地真理、小柳ルミ子と
「新三人娘」と言われたそうですが、
二人に比べると
売上はそれほど伸びず・・・
全27作品の中で、オリコン2位が最高
1971年デビュー曲の「17歳」。

まだ自分、生まれてません(汗)
懐メロ特集のVTRで見たのみ。

それまでのアイドルと違い、
南国系の健康美と知的さが、
他のアイドルと一線を画しています

沖縄出身なので、
安室の大先輩ってとこかな。

なんでも、デビューのきっかけは、
バイトしてた琉球放送にたまたまゲストに来た
ヒデとロザンナのマネージャーが
持ち帰った写真が
関係者の目にとまったこと。
わずか3カ月のスピードデビュー(Wikiより)

沙織ちゃんの活動期は2回あり、
①1971~78年
(上智大学進学を機に引退)
②1991~97年
(待望の91年紅白出場を機に「シンシア」名で再開)


91年の紅白は生で見てましたよ。
ワイドショーで数年来「紅白で復帰か?」って
ゴシップ流れ続けてましたから。

ピンクレディーが再結成し、
その流れで、とうとう出場。
ただし、
百恵やキャンディーズの
絶対復活しない潔さを
沙織ちゃんも貫いてほしかったな。

その後は、
97年までレコーディングのみで活動。

そうそう、
は宮沢りえヌード写真集
「santa fe」で時の人になった
写真家の篠山紀信
まさに「美女と野獣」夫婦。

3人の息子のうち次男
ここ数年タレント活動している
篠山輝信
芸能界デビューは親のコネもあるのかな?
母譲りのはっきり顔ですが、
ちと、イケメンではないかな(失礼!)
他の息子二人も見てみたい。
shinoyama kishin.pngshinoyama-akinobu.jpg


歌番組:フジ「夜のヒットスタジオ」より

春の予感‐I've been mellow    南さおり_Snapshot.jpg春の予感‐I've been mellow    南さおり.mp4_000158576.jpg
※YouTube関連動画はこちら

夜ヒットには
この曲で3回も登場。

TBSに比べると
フジのセットはダサいけど、
カメラアングルはピカイチ。

同じカメラで引いて寄って、
ずっと沙織ちゃんを追い続けます。

微風の演出があり、
沙織ちゃんの髪がたなびいて
静かに春風が吹いているよう


最後はカメラを見つめてアップ。
吸いこまれそうな黒い瞳と
輝いているオーラは、
神々しさを感じるほど
もうこんなアイドル出現しないでしょうね。


おまけ:歌番組:NHK「紅白歌合戦'91」より

南沙織 色づく街 1991_Snapshot.jpg南沙織 色づく街 1991.mp4_000163608.jpg

「春の予感」ではなく、
「色づく街」で紅白登場ですが、
おまけで掲載します。

歌声も、存在感も
20年のブランクを忘れるくらい、
健在
でした。

デビュー当時のロングヘアでなく、
おかっぱ風の髪型も、
上品な奥さまって感じでよいですね。
ちょっと鈴木保奈美に似てるかも?

背景のセットの摩天楼が
曲のイメージと違和感ありますが・・・

歌い終わった後、
当時の同僚?だった
和田、八代、リンダ、フィフィに囲まれ、
ほっとした表情です。



森川美穂「おんなになあれ」

morikawa-miho onnani-naare.jpg

【発売年日】1987/03/05
【最高順位】18位
【売上枚数】6.3万枚



もうすぐ春ですね。
気持ちがうきうきする季節にぴったりの
「春うた」をご紹介


自分的な春うたの基準は、
メロディーラインとアレンジがポップなもの、
EPOの作品がお気に入り。

この曲は、マイ春歌セレクションの中にあって、
いつも春にヘビーローテーションしてます。

おんなになあれ
森川美穂
¥ 150



この曲の情報アラカルト


美穂ちゃんは、
音楽学校でボイストレーニングを重ね、
数々のヤマハ系のコンテストに出場するも
惜しくも優勝ならず。

そんな中、
第二回ヤマハボーカルオーディションでついに優勝。
シングル「教室」でアイドルデビュー。

この作品は6作品目で、
自身最大のヒット曲
となっています。
美穂ちゃんの作品は、ミノルタカメラのCM曲
タイアップが多くて、
CMのうきうき感満載の映像とよく合ってました。

なんと、あの飛鳥涼(ASKA)の作詞作曲
この頃のASKAは光GENJIの曲など、
名曲を数々世に送り出してますよね。
クラシックぽくもあり、ノスタルジックさもある、
独特のコード進行はASKAならでは。
早く完全復帰できるとよいですね~。

この曲、近年では、
水樹奈々がカバーしてます。

美穂ちゃんの良さは、
何といってもアイドル稀に見る歌唱力でしょう。
特に高音の伸びが気持ち良い。

VAPレーベルからのリリースでしたが、
先輩の菊池桃子と一緒の売り出し方法が嫌で、
ニューミュージックに憧れていたようです。

この曲あたりを境に、
ニューミュージック・ガールポップ系に転向し、
学園祭の女王と呼ばれたり、ライブツアー目白押しだったり、
ミュージカルやラジオMCにチャレンジしたり。

だから、90年代の作品ももずっとオリコン100にランクイン。

今は、大阪芸術大学演奏学科の准教授
随分偉くなったんですね。
やっぱり実力のある人は、
その後も残っていくんですね。

私生活は、
99年のミュージカル「RENT」で共演した
KOHJIROさんと結構し、子どもも恵まれますが、
その後離婚したようです。


歌番組:TBS「ザ・ベストテン延長戦」より

[Live] 森川美穂   おんなになあれ(19)_Snapshot.jpg[Live] 森川美穂   おんなになあれ(19).mp4_000027342.jpg
※YouTube関連動画はこちら

87年4月2日放送のベストテンは
「延長戦」と銘打って90分の拡大版

いつもとは逆で、1位から時間の許す限り紹介する方法。
この曲は「19位」だったので、
エンドロールぎりぎりで歌唱が終了
するという
冷や汗もん。

19位のこの曲まで放映できるよう
計算されていたとはいえ、
楽屋で本人はどきどきものだったでしょうね。

ベストテンと言えば、
松山千春のMCが長引き、
その後登場した1位の百恵が
時間切れで歌えないハプニングもあったですから。

ちなみに、この曲、
トップテンにも生放送の歌唱しましたが、
どちらも原曲より1キー下げていたみたい。
レコード原曲がとても高いんでしょう。

前述の斉藤由貴の記事にも書きましたが、
美穂ちゃんもアイドルおきまりの「ポニーテール」ですね。
ツンデレっぽい美穂ちゃんのルックスに
合ってますね。

おニャン子クラブ「じゃあね」

onyannko-club jaane.jpg

【発売年日】1986/02/21
【最高順位】1位
【年間順位】23位
【売上枚数】28.1万枚


おニャン子の安っぽい記憶に残らない作品の中では、
この作品はピカイチ。
当時、卒業ソングとして流行しましたが、
現在はあまり聴かれないのが残念。

じゃあね
おニャン子クラブ
¥ 250


この曲の情報アラカルト


おニャン子3作目で初の1位獲得曲
シングルの中でも最大の売上。

作詞は秋元さん、作曲は高橋研さん。
高橋さんって、おニャン子では珍しいですね。
曲調も旅立ちの応援歌としてさわやかでグッドです。

なぜ、この曲が卒業ソングかって?
タイトルや歌詞も卒業にちなんでますが、
何しろ、この曲で初のメインボーカルを務めた
会員番号5番の”ナカジー”こと「中島美春」の
卒業・引退ソング
だから。

当時、人気絶頂だったおニャン子の
初めての卒業生(河合その子と二人で)だったので、
フジ「夕やけニャンニャン」でも大々的にクローズアップ。

AKBも初めての卒業生だった前田敦子の時が
一番盛り上がったのと同様ですね。

ナカジーは他のメンバーのように
でしゃばらず、性格の良さが際立ってましたね。

卒業の理由は、
歯科助手の専門学校に行くため

芸能界のソロ活動のためでない引退は
潔かったです。

自分の夢に向かっての一歩だったので、
中学生だった自分も
素直に「がんばれー!」ってエールを送ってました。

ナカジーのその後ですが、
とんねるずのマネージャーのボブ市川と結婚(wikiより)
なに~、そんなことになってるとは・・・

現在も芸能活動は一切行っていないようです。
その後、歯科助手になれたのでしょうか?


歌番組:フジ「夜のヒットスタジオ」より

おニャン子クラブ じゃあね 中島美春卒業_Snapshot.jpgおニャン子クラブ じゃあね 中島美春卒業.mp4_000264365.jpgおニャン子クラブ じゃあね 中島美春卒業.mp4_000328001.jpg
※YouTube関連動画はこちら

レコードの初回売上が1位の後、
すぐに急降下するおニャン子作品の中でも、
この曲はしばらくチャートインを頑張ってましたね。

ただ、
この頃からTBSとフジの中が悪くなり始め、
TBS「ベストテン」出演はたった1回(最高位7位)

フジの夕やけニャンニャンのスタジオ中継のみ。
その後のおニャン子勢のベストテン出演は
拒否のためほぼ皆無に。

この夜ヒットの映像では、
ナカジーの両脇に親友の新田絵利と永田ルリ子が見守る中、
途中で案の定みんなで号泣


でも、
嘘泣きっっぽくなくて、さわやかで青春って感じでよい。

ナカジーはたれ目なので
とんねるずに「志村けん」って馬鹿にされてましたが、
泣くと本当に似てますね(失礼)

斉藤由貴「卒業」

saito-yuki sotsugyou.jpg

【発売年日】1985/02/21
【最高順位】6位
【年間順位】34位
【売上枚数】26.4万枚


卒業ラッシュの時期ですね。
この季節、卒業にちなんだ歌を
ムショウに聴きたくなります。
そんな中で、ピカイチの青春ソングです。

卒業
斉藤由貴
¥ 250


この曲の情報アラカルト


少年マガジン第三回ミスマガジンで
グランプリを獲得後、
明星食品「青春という名のラーメン」の
CMでテレビ初登場

でっかい目でうるうるされて、
小学生ながら「こりゃー、大物になるぞ」って
由貴ちゃんを見て直感したよ。
斉藤由貴CM 「青春という名のラーメン」.mp4_000019924.jpgCM 明星 青春という名のラーメン 斉藤由貴.mp4_000006625.jpgCM 明星 青春という名のラーメン 斉藤由貴.mp4_000018153.jpg

それまでのアイドルって、
どこか芸能界慣れしてるっていうか・・・
でも、
由貴ちゃんは、
どこにでもいそうでいない
ザ・清純ってイメージで、
こんなアイドルありかって、びっくりしたもん。

この曲がデビュー曲
「夢の中へ」「悲しみよこんにちは」に続く、
由貴ちゃん作品売上NO3です。

作詞:松本隆、作曲:筒美京平という
アイドル黄金コンビ。

意外にも編曲は武部聡志さん。
由貴ちゃん作品はずっと武部さん編曲ってのが、
面白いし、武部さん長年活躍してるんだな~って。

イントロ部分のアジアンチックなシンセメロディが
卒業の郷愁を誘うんだよね~。

由貴ちゃんの消えそうなファルセットボイスは、
今思うと天才的です。

丁度この頃、「卒業」という曲名ソングが流行して、
菊池桃子、倉沢敦美、尾崎豊という四つ巴のチャート

中でも、由貴と桃子がリード。
チャート番組で同時ランクインなんてありましたね~。

今の歌は「卒業」なんてダイレクトなネーミングがなく、
季節感をあまり感じられなくて残念です。

その後、段々とおばさん化してきて、
今では大女優です。
モルモン教信者として敬虔なのかと思いきや、
今は亡き尾崎豊とできてたって噂もあるし、
分からないもんですね。


卒業ソングにまつわる自分の懐かしい思い出


この曲の歌いだしの歌詞・・・
♪制服の胸のボタンを、下級生たちにねだられ・・・

自分の中学時代はつめいりの学ラン。
第二ボタン」を卒業式に好きな子に渡すのが
風物詩になってましたね~。
今はそんな習慣あるんでしょうか?

全くもてない君だった自分ですが、
中学卒業の時、こっそり女子がやってきて、
第二ボタンをおねだりされて、あげた記憶が・・・

誰にあげたのかは覚えていないのですが。
かなーり嬉しかったのを覚えてます。

だから、
この曲の歌いだしを聴くと、
こんなおっさんですが、胸がきゅんとなる(笑)


歌番組:TBS「ザ・ベストテン」より

卒業 斉藤由貴 (2)_Snapshot.jpg
卒業 斉藤由貴 (2).mp4_000156702.jpg
※YouTube関連動画はこちら

今週のスポットライトとして
16位の時に初出演した映像。

この頃のアイドルって、
ポニーテール」が多かったですよね。

もみあげをちょろんと垂らして、
後ろ髪を大きなリボンでざっくり束ねてる。
明菜もやってましたね。

ポニーテールに弱い男心をついた戦略です。


歌番組:日テレ「ザ・トップテン」より

斉藤由貴 卒業 (1985)_Snapshot.jpg斉藤由貴 卒業 (1985).mp4_000206118.jpg

やはり、目を潤ませて緊張しながらの歌唱。
男性視聴者は釘付けですね。

ちなみに、
この曲のベストテン最高順位は6位、
トップテンでは3位


同じチャートを基にしているのに、
かなり順位が違うのが面白いですね

もっとも、
ベストテンは計算基礎の4つの要素を公開しているのに、
トップテンは非公開だったので、
あまり信用していませんでしたが。

椎名恵「今夜はANGEL」

konyaha angel.jpg

【発売年日】1986/01/01
【最高順位】7位
【年間順位】27位
【売上枚数】26.4万枚


大好きな大映ドラマシリーズ
フジ「ヤヌスの鏡」主題歌。
椎名さんはもう現在57才になるのですね。

この曲の情報アラカルト


遅咲きの27歳デビュー作
81年の「ヤマハポピュラーソングコンテスト」で
川上賞を受賞し、下積み時代を経る。

数々の歌手のバックコーラスを務め、
トップテンのトークでは、
「研ナオコのライブでは、セーラー服でコーラスした」
と、面白話をしてました。

なるほど、安定した歌唱力が培われたわけだ。

椎名さんの曲は、大げさなストーリー展開と
今聞いたら恥ずかしくなるようなセリフ回しが
特徴の「大映ドラマ」の主題歌には欠かせません

【椎名さんの大映ドラマ主題歌リスト】
今夜はANGEL(「ヤヌスの鏡」主題歌):最高位7位
 ⇒ファイアーインクのカバー
愛は眠らない(「花嫁衣装は誰が着る」主題歌):最高位31位
 ⇒オリビアニュートンジョンのカバー
悲しみは続かない (「このこ誰の子」主題歌):最高位37位
 ⇒ミートローフのカバー
THE WIND (「プロゴルファー祈子」主題歌):最高位56位
LOVE IS ALL(「おんな風林火山」主題歌):最高位29位
 ⇒シャーリーンのカバー



なんと、
5曲も大映テレビ主題歌になっとります。

そのうち、「LOVE IS~」のみTBSで、
それ以外はすべてフジの大映ドラマ用。
わたくし、当時全てのドラマはまっております。
聴くと青春時代が蘇ります。

しかも、
しょぼい「THE WIND」以外は、
全て洋楽ヒット曲のカバー
難しい洋楽も歌いこなしてしまう
椎名さんの歌唱力あってのことですね。



大映ドラマ主題歌と、ヒットメイカーのジム・スタインマンの関係


実はこの曲、84年の大ヒット映画
Streets of Fire」で、
劇中でダイアン・レインが口パクでノリノリに歌うのです。
そのカバー曲になります。

Tonight is what it means to be young
という長々しい曲名で、
邦題は「今夜は青春」

この原曲が超かっこよくてはまり、
中学生だった当時、つたない英語力で
曲名を和訳しようとチャレンジ、
しかし、挫折・・・(汗)

椎名さんのこの曲の試聴音源がないので、
代わりに「今夜は青春」をアップしときます。

Tonight Is What It Means to Be Young
ファイヤー・インク
¥ 250

大映ドラマの主題歌は、
ロックテイスト溢れ、壮大な曲が特徴ですが、
その多くが、米国の「ジム・スタインマン」の作品
■今夜はANGEL
■悲しみは続かない
■ヒーロー(麻倉ミキ「スクールウォーズ」)
■FIRE(丸山みゆき「スクールウォーズ2」)

クラシックにもつながるロックオペラ風な曲調で、
「今夜は~」はドラムが鼓動のように
跳ねるリピートの繰り返しの他にはないサウンド。
これがたまらないのです。

ミートローフが彼のプロデュースでグラミーにノミネートされましたね。
当時、ジムさんの輸入版CDを必死に買いあさりました。


「ヤヌスの鏡」に見る大映ドラマの魅力とは


新人アイドルの杉浦幸が一人二役の主役に大抜擢。
ヤヌスの鏡 1985 18話.mp4_000337960.jpg

まず、「今夜は~」のイントロで始まるオープニングの
来宮良子さんのクールなナレーターが大映はたまらない。

【わくわくぞくぞくする「ナレーター」】
古代ローマの神ヤヌスは、物事の内と外を同時に見ることができたという。この物語は、ヤヌスにもう一つの心をのぞかれてしまった少女の、壮大なロマンである・・・。



これで、オープニングから視聴者のテンションMAX。
ただし、よく聴くと意味不明ですね。

要するに、
杉浦扮する優等生お嬢様の「ひろみ」と、
トラウマが出ると不良に変身する「ユミ」の
二重人格の闘いの物語。
不良役の杉浦のどぎついメークと、
声優のヤンキー声の吹き替えが笑えます。
ヤヌスの鏡 1985 18話.mp4_000081423.jpg

不良同士の格闘シーンは、
大映ドラマの名物シーンですよね。

サブキャストとして、
山下真司、大沢逸美、中村晃子、賀来千賀子ら、
定番の大映オールスターズががっちり固めてます。
意外にもちょい役で、清純派時代の長山洋子や竹内力も登場。

そして、なんといっても、
大御所女優、初井言栄が杉浦の厳しい育ての親がわりの祖母を演じ、
そのスパルタな存在感ははんぱないものでした。
ヤヌスの鏡 1985 18話.mp4_001742771.jpg

最終回では、
病床の初井に教師役の山下が
「ひろみに『人の死がどんなに残酷で怖いものか
見せられるのはあなたしかいない」と言い放ちます。

肉親を巻き込んでのショック療法で、
ひろみを立ち直らせようとする大映ドラマのむりくりシナリオは、
笑えますがはまります。

そして、死の直前、
自宅の仏間で初井がひろみ含めた親族の前で、
吐血しながら数珠を振りかざし
しにたくない!生きたい・・・」と
すごい形相で死んでいく演技力はあっぱれです。ヤヌスの鏡 1985 18話.mp4_001994027.jpg

冷静に見ると、非現実的なストーリーですが、
視聴者も当時はドラマの娯楽性を期待してましたから、
十分成り立ってたんですよね。
これが、大映ドラマの醍醐味
今のドラマにはこの熱さがないのが本当に残念。


歌番組:日テレ「歌のトップテン」より

椎名 恵/今夜はANGEL_Snapshot.jpg椎名恵 - 今夜はANGEL・1986年 _ 高画質 トップテン出演.mp4_000130713.jpg
※YouTube関連動画はこちら

MCが徳光と石野真子に変わって再スタートした
「歌のトップテン」第一回放送の映像。
貫禄のこの風格で27才とは、
昔の人は大人びていましたね。

トップテンには何度かこの曲でランクインし歌唱しましたが、
ザ・ベストテン」には、
今週のスポットライトで出演した後、
「電リク祭り」の特番の週に1回だけランクインし、
初登場のサインだけしに来て歌唱なし
黒柳さんの後ろのソファで終始居るだけ。
なんと不運な歌手なんでしょう・・・

トップテンの映像では、
スローなイントロ部分の壮大な雰囲気がいいですね。


歌番組:フジ「夜のヒットスタジオ」より

椎名恵 今夜はANGEL_Snapshot.jpg

この曲のレコードジャケットは、
逆光で顔がよくわからない画像

完全にダイアンレインを意識した詐欺画像ですね。

素顔が分からずテレビ初出演となった夜ヒットでは、
オープニング時は、もったいぶって後ろを向いての紹介
古館の紹介に、「がはは」と体を反らせて笑う姿に、
当時生放送を見ていた自分は、
「これは、レコジャケのクールな美人女性は誇張だな」と直感。

初出演の正面顔を見た時、
目力が強いぽっちゃり系のおばさん風の人だな
って、当初のイメージが裏切られる形に。

当時の歌番組出演時の衣装も、
ひょう柄タイトなワイルドさを演出するものが多かった。

この回の演出では、
全身タイツ隊のバックダンサーズが登場。
まるでCM「タケモトピアノ」のタイツ隊のよう。
前衛的な踊りをするのだけれど、
ダサくって結構笑えます。

夜ヒットの生オケ演奏もストリングスが薄っぺらくて、
原曲のロック調が台無し。
オリジナルバンドで演奏してほしかった・・・

椎名さんのその後の活動から分かるように、
ショートヘアの温和なイメージで幸せなバラードが得意のよう。
このワイルド戦略は少々無理があったようです。

X-JAPAN toshiの洗脳騒動の元凶は、ベストテン出場歌手の元アイドルだった【音楽番組の闇シリーズ②】

sennou1.jpg
X-JAPANのtoshiの12年もの洗脳が解けて
近年の活躍はめざましいですね。

2年連続で紅白歌合戦に出場し、
昨年はゴジラをやっつけてました(笑)

3月からは、X・JAPANの自叙伝的
ドキュメンタリー映画「WE ARE X」
ハリウッド進出に向けて世界公開されました。
toshiの洗脳やhideの自殺など赤裸々に。

そんな長年の洗脳騒動の裏で、
あのベストテン出場歌手で
元アイドルの○○の存在
が。


洗脳前後のtoshiの画像を比べてみよう


まず、洗脳騒動を暴露した金スマの出演画像。
アーティストオーラ全開ですね。kinsuma toshi.jpg

この番組の内容、リアルタイムに見てましたが、
結構ショッキング。

カルト集団を主宰するMASAYA氏の巧みな誘いと洗脳。
妻の強引な監禁洗脳。

教団施設に自主的な名目で住み、
半ば強制的に監禁生活
暴言や暴力の日々、
toshiが一番のコンプレックスである
「あごのしゃくれ」を毎日罵倒され続ける。

そして、
「駄目男のお前には、お金を稼ぐしか方法はない」として、
MASAYA氏が作詞する自然崇拝のヒーリング音楽を、
小さなお店で演奏する日々だったとか。

その頃の画像がこちら↓↓

toshi sennout-tyuu.jpg

まったくロック歌手の面影がないですね。
ただの冴えないおっさん。
洗脳の怖さがわかります。


洗脳した元妻はベストテン出場した元アイドルだった!


みなさん、「守谷香」っていう80年代アイドル知ってますか?

1986年、松竹「ミス・レインボー」25,000人の中から
グランプリ受賞にてデビュー。
映画「アイドルを探せ」でデビューしました。

デビュー曲「予告編」は
なんとTBS「ザ・ベストテン」にランクイン


moritani kaori-yokokuhen.jpg

当時、テレビ歌番組の露出はほとんどなく、
一般的には無名に近いアイドル。

オリコンマニアだった自分は、
購入したオリコン裏表紙に、
この「予告編」の発売広告が全面に出ていて、
「しらね~アイドルだな。でも金かけてるな」
くらいの印象。

ベストテンに初登場10位で出演した直後、
TBSには苦情の電話が殺到
したとか。
「なんで売れてないアイドルがランクされるのか」
「ベストテンも金で動くようになってしまったのか」など。

moritani kaori-yokokuhen (2).jpg

たしかに、ルックスは清純派を装ってるけど、
奥二重の切れ長の目で、歌も下手。
曲ともどもぱっとしない感じでした。
ただし、作曲はあの「筒見京平」なんですよ~。

記憶が定かではありませんが、
ベストテンの4つの要素の一つ
「はがきリクエスト」で7位くらいに入ってって、
ファンの組織票が多いんだなって当時驚いた。

ちなみに、「予告編」のオリコン売上は、
最高位12位、総売り上げ4万枚
そう考えると、
ベストテンランクインもねつ造じゃなかったようです。

その後のリリースは、
2nd「あの空は夏の中」で最高位46位で、
その後はオリコン100位にランクインせず。

アニメのキテレツ大百科のOPも歌ってたそうです。


その後、toshiが主演したロックオペラ「ハムレット」で
相手役を務めたことがきっかけで、
4年越しの交際後の97年2月に結婚

kinsuma toshi singunkiji.jpg

そして、洗脳の主犯格として、
toshiに馬乗りになり、
「このアゴ男!」と罵倒し殴り続けるんですから。

次の画像は、洗脳の最中に、
とある情報番組にMASAYA氏と3人で出演し、
「洗脳はない」とtoshiが主張する一幕。

toshi-kaoru sennou.JPG

心配げにtoshiを見つめる守谷さんの表情が
どこか意味深ですよね。

現在は、WANKU(わんくぅ)という名前になりましたが、
活動は行っていないそうです。
MASAYA氏とできているって噂も。

↓↓WANKU時代の最近の楽曲の試聴↓↓
SEPTEMBER RAIN wanku moritani kaori Version
守谷 香
¥ 200

デビュー曲は超へたくそでしたが、
この曲は、カヒミカリィ張りの
アンニュイフレンチポップス目指してるのかな。
ミキサーでごまかしてるみたいだけど。


あの時代をときめくアイドルも、
様々な変容ぶりですね。
時代は流れているんですね。



小沢健二「強い気持ち・強い愛」

tsuyoikimochi-tsuyoiai.jpg

【発売年日】1995/02/28
【最高順位】4位
【年間順位】92位
【売上枚数】37.8万枚(合算)


渋谷系の貴公子、
オザケン」こと、小沢健二の登場。
90年代、オシャレでカジュアルなジャンルを
渋谷系」って呼んで流行りましたね。
カジヒデキ、ピチカート・ファイブなつかし~。

19年ぶりの新曲「流動体について」リリースの
話題で巷はもちきりです。


この曲の情報アラカルト


オザケンの7hシングル。
彼の代表曲というと・・・
「ラブリー(最高位19位)」
「カローラⅡにのって(最高位2位:オザケンの売上1位)」
が有名ですが、
この「強い~」は実は売上2位なのです。
ちなみに、「カローラ~」は、
CM曲なので、テレビでの歌唱もPVも一切ない幻の曲。

カップリング曲「それはちょっと」は、
TBSドラマ「部屋においでよ」の主題歌で、
「強い~」はノンタイアップ曲だったので、
発売前は、てっきり「それは~」の方が
A面だとばかり思ってました。
オザケンの「強い~」への思い入れが働いたんだとか。

作曲はあの「筒見京平」大先生!
オザケンが他の人の曲を歌うとはめずらしい。
でも、さすが京平先生。
オザケンのキャッチーな良さを最大限発揮してます。

自分、オザケンの曲の中でこれが一番好き。
彼の舌っ足らずで早口な独特の歌唱法がいい味だしてます。
なにしろ、気持ちよさげにのびやかに歌ってます。

この頃、自分は大学生まっただ中。
だから、あの頃のアゲアゲな時代に
タイムスリップできるから好きなんです。


オザケンの有名な華やかな経歴


なんといっても、東大文学部卒のインテリ!
ドイツ文学者の父、心理学者の母、
世界的指揮者の小澤征爾を叔父に持つ名家の出身

世の中はなんて不平等なんでしょう・・・
すべて手に入れるなんて。

小山田(後のコーネリアス)と「フリッパーズ・ギター」を結成しデビュー
ドラマ主題歌「恋とマシンガン」まさに渋谷系サウンド。
オザケンの試聴音源は一切リリースされてないので、
代わりに「恋と~」をアップします。
(といっても、ボーカルは小山田だけど)
Young, Alive, in Love / 恋とマシンガン
FLIPPER'S GUITAR
¥ 150

91年に解散し、ソロ活動開始。

1998年、シングル「春にして君を想う」をリリース後しばらく活動を休止。
謎のロング隠居生活に突入するのです。


表舞台から消えたオザケン、そして沈黙を破り復活


素人考えですが、
いつも「芸能人の長期活動休止中」は、
どんな生活してるのか、どうやって稼いでるのか、
平日昼間っから、公園で本でも読んでるの・・あるいは
印税で働かなくてもいい・・・くらいしか想像がつかず。

2010年に13年ぶりの突然のツアー。
2014年には終了する直前の「笑っていいとも」の
テレフォンショッキングに16年ぶりのテレビ出演
正直、超おっさんになってたら嫌だなーって思ったけど、
案外、生意気なガキってオーラは無くなってなくてちと安心。
ozaken iitomo.jpg

そして、先日、20年ぶりに「M○テ」に登場
事前の告知が一切なかったので、
サプライズ出演。

新曲と「ぼくらが旅に出る理由」の2曲を披露。
声が太くなっちゃったなー。加齢で仕方ないか。
でも、渋谷系サウンドは健在でうれしい。
いいとも出演からたった3年で結構ふけたな。
顔の輪郭が下膨れにたるんでる・・・
でも、48歳には見えない若さは怪物だ。
ozaken ms.jpg

昔は若いが故に向う見ず発言連発でしたが、
M○テの歴史を称賛するなど、
落ち着いた大人のコメントしてましたねー。

番組の中で、「フジロックフェスに出演します!」
なんて、フライング気味告知しちゃってました。

私生活ですが、
2009年にアメリカ人写真家の美人と結婚し、
二児のパパ

一生独身貴族の王子様だと思ってたのに・・・


歌番組:テレ朝「M○テ」より

小沢健二 1995.02.28 強い気持ち・強い愛_Snapshot.jpg小沢健二 1995.02.28 強い気持ち・強い愛.mpg_000138810.jpg
※YouTube関連動画はこちら

ユーミンと肩を並べるくらい、
言葉の情景が浮かんでくる、
下手うまな歌唱法ですね。
スルメみたい。

甘くて頼りない声は天性のもの。

きゃしゃな体系なので、
カラクリ人形のように頭をふってカクカクと
歌う姿は、滑稽というより、
「守ってあげたい」って女性に思わせるんでしょうね。

フジの「HEY×3」によく出演してましたが、
かのダウンタウンを前にして、
自分はビッグ的な発言連発で面白かったですね。
あれだけ物おじせず、潔く自慢されると、
イヤミを通り越して、面白さにかわってく。

トークも天性のものがありました。


posted by 音楽風来坊 at 20:17Comment(0)J-POP
他の邦楽懐メロブログはこちら⇒ にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

人気記事

カテゴリ

過去ログ