浜崎あゆみ「vogue」

hamasaki-ayumi vogue.jpg

【発売年日】2000/04/26
【最高順位】 3位
【年間順位】23位
【売上枚数】76.8万枚


春うた第4弾は、
今、何かと話題のあゆです。
女子高生のカリスマの頃のヒット曲。
今や38歳
どんなスーパースターも人生の転機がつきもの。
あゆも一皮剥けてこれからが勝負!
期待しましょう。

あゆの脂ののった初期代表作は、
巷では「Boys&Girls」「SEASONS」「M」が
すぐ挙げられがちですが、
自分は、多数のあゆ作品の中で、
地味ですが、この曲がダントツに好き

vogue
浜崎あゆみ
¥ 250


この曲の情報アラカルト


最高位3位なのに70万越えとは、
地味~に売れ続けた本当にいい曲。
化粧品AUBEのCMソングでしたね。
あゆ14作品目です。

「Far Away」「SEASONS」と続く、
あゆ絶望三部作の1弾目
PVも三部作で続いているそうです。
ayu vogue pv.jpg

作詞作曲はあゆ+DAI+Kazuhito Kikuchiの初期黄金コンビ
この頃の楽曲っていい曲多いんですよね。
シングルの発売ペースも頻繁でした。

あゆの最近の低迷は楽曲の悪さと
初期の軽やかなJPOPでなく
ずんどこサウンドに傾倒してしまった
ジャンルの迷走にあると思う。

あゆの歌声も
高音に伸びがあってビブラートもわざとらしくない
女子の繊細さとぴったり。

ただ、
この無理な歌唱法で喉を痛めるんですよね。
旬の時期は長くは続かないってこと。

3つ前の作品のマキシシングル「A」の衣装は
カウボーイハットと帽子からはみ出す
巻毛のウィッグが女子高生に大ヒット。

でも、
この三部作の「チューリップハット」は
今一つでした。

つまり、この頃のあゆは、
ファッションリーダーでもありました。

2000年のAライブ第二幕では、
紙吹雪の中、
ミニスカート風の振袖着物という
奇抜な衣装もぴったりで、
桜の枝を持って歌う22歳の姿は、
この曲のイメージにぴったりの可愛さでした。
まさにあゆ絶頂期です。
浜崎あゆみ 22歳 Vogue.mp4_000032014.jpg

ちなみに、
ライブのチェックに厳しく、
演出の完璧主義で知られるあゆですが、
99年の初シークレットライブ(赤坂ブリッツ)では、
自分の意見が反映されず、
声も出なくなり、
最後は悔し涙を流し、
もうライブややらない!」と決めたそうです。

でも、
翌年のこのAライブでは、
自分の意見を最大限表現できたので、
満足げに嬉しそうに歌いきっています。


この曲はマイ「桜ソング」のベスト。桜吹雪の下で聴きましょう


世の中で桜ソングと言えば・・・
直太郎、ケツメイシ、コブクロなど、
満開、旅立ち、前向きさのイメージですね。

でも、
自分的にはこんなイメージ。
桜の儚さ=桜が散る(桜吹雪)=世の無常

ちょっと物悲しい感じ。

この曲のサビの歌詞
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
君を咲き誇ろう 美しく花開いた
その後はただ静かに
散って行くから はらはら・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最寄駅から自宅までの間に
ほとんど人が通らない
静かで小さな桜の並木道があるんですが、
疲れた仕事帰りに、
一人ではらはら散る夜桜の下を
この曲を聴きながら通ると、
人生の無常というか、きゅんとなるんです

そんな思い出もある地味~な曲です(汗)


歌番組:NHK BS2「Digital Dream Live」より

Ayumi hamasaki - Vogue (2000.12.02 Digital Dream Live)_Snapshot.jpgAyumi hamasaki - Vogue (2000.12.02 Digital Dream Live).mp4_000038463.jpg
※YouTube関連動画はこちら

この番組は、2000~2004年にかけて
特番として何回か放映されました。
司会はglobeのマークパンサー

飛ぶ鳥を落とす勢いの
初期のあゆは、
Boys&Girls以降はあまり頻繁に
歌番組は出演してない
んですよね。

マキシシングル「A」(自身最高の売上)の
収録3曲は、Mステ、HEY×3、うたばんに
それぞれ1回のみ披露。

「kanaria」は限定版のせいか、
1回も披露せず。

出世作「LOVE」の歌唱は
うたばん、POPJAMのみ。

そして、この「vogue」は、
このBS特番と、レコード大賞アルバム賞として、
赤坂ブリッツから中継という形のみ。
主要な歌番組では一切出演せず


だから貴重な映像ですね。

ただ、残念なのは、
たった2回の出演のセットや衣装が
曲のイメージに合わないこと。

あゆの最高傑作なんだから、
せめて桜の木のセットの前で、
紙吹雪あり~の
前述のライブのような乙女らしい振袖衣装で、
出演してほしかったですね。



この記事へのコメント

他の邦楽懐メロブログはこちら⇒ にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

人気記事

カテゴリ

過去ログ