長谷川きよし「別れのサンバ」

wakareno samba.jpg

【発売年日】1969/07/25
【最高順位】8位
【年間順位】37位(1970年)
【売上枚数】31.1万枚


自分がリスペクトする歌手
ユーミン、浜田省吾
ちあきなおみ、そして長谷川きよし

盲目のギタリスト、長谷川きよしさんのデビュー曲
長谷川さんのこと、知らずにこの曲を聴いて、
「素敵な大人の憂いのある渋い曲だな~」とうっとり。
でも、長谷川さん若干20歳の時の作品なのです。

サビの歌詞「みんなわかっていたはずなのに                             心の奥の淋しさを ああ…」
長谷川さんの生い立ちが、この曲の懐を深くしているようです。
↓↓デビューオリジナル音源↓↓

別れのサンバ
長谷川きよし
¥ 250

近年のドイツライブ音源。聴き比べてください。
↓↓ギター一本で巧みのテク。匠の域です↓↓
別れのサンバ (live in Trier:Germany)
長谷川きよし
¥ 250


この曲の情報アラカルト


まず、長谷川さんの生い立ちから。

2歳で視力を失い
東京教育大学付属盲学校(現在の筑波大学付属視覚特別支援学校)で学ぶうち
音楽への関心を強めた。
「中学生くらいではもう、『歌しかない』と心に決めていた」とのこと。
高校生でシャンソンコンクール4位入賞でデビュー。

他の有名な盲目の歌手は、
竜鉄也「奥飛騨慕情」
スティービーワンダー
辻井伸之(ピアニスト)
がいますね。

この曲は深夜放送で流れるようになり、
じわじわ時間をかけてヒット。
オリコン100位に34週ランクインという
ロングセラーでした。

他の代表曲としては、
野坂昭如のカバー「黒の舟唄(1972年)」
(ランクインせず)
加藤登紀子とのデュエット「灰色の瞳(1974年間38位)

この「灰色の瞳」は、
近年、椎名林檎とライブで共演して話題になりました。長谷川きよし・椎名林檎     灰色の瞳.mp4_000243708.jpg

また、近年はNHK「SONGS」などに
精力的に出演し、
存在感と健在ぶりを発揮してましたね。


この曲の思い出


長谷川さんのギター生演奏がぜひ見たくて、
2013年にライブを見に行ったんです。

だって、現在御年68才ですよ~
いつ引退したっておかしくないですから。
だからすぐにでも見たい衝動が。

ライブといっても、
銀座サンボア」という老舗バー。
1ドリンク込み6000円で先着40名のみ。

いつもは酒なんて飲まない自分ですが、
この日ばかりは並んではりきりました。
客層は、自分が一番の若造でした(汗)

バーなので歌手との距離が近いのですが、
前から2列目で、手を伸ばせば長谷川さんに
手が届くほど超~至近距離

たった一人のステージです。
高齢者を感じさせないオーラと、
衰えない張りのある歌声。

そして、
なんといっても、クラシックギターを指で調教してるかのような、
見事な指さばき
よくぞ難しい演奏にうっとりする歌声をつけられるなって、
目を凝視して食い入るように見ました。

この時、通算20枚目のオリジナル・アルバム
「人生という名の旅」を発売した直後で、
収録されてるフレンチ・シャンソンのスタンダード曲カバーが
これまた見事でした。


歌番組:NHK?「???」より

別れのサンバ '93 長谷川きよし_Snapshot.jpg別れのサンバ '93 長谷川きよし.mp4_000100833.jpg
※YouTube関連動画はこちら

93年に放送、番組名は不明。
歌終了後に真面目そうな女子アナのインタビューから、
おそらくNHKかという推測。

この頃はまだ若さが残っていますね。
ライブで見た時はもうおじいさんでしたが。

インタビューで、長谷川さんは
自分の音楽はジャンル分けできない」と答えています。

このブログではとりあえず「フォーク」に分類してますが、
wikiでは、「シャンソン、ボサノバ」も併記。
当時のレコードジャケットには、
「盲目のソウル・フォーク・シンガー」のクレジット。
ソウルフォークってなんだ???

↓↓ちなみにデビュー当時の映像がこれ↓↓
長谷川きよし 「別れのサンバ」1969.mp4_000136642.jpg
白黒が時代ですよね~。
壁と植栽をバックに定点撮影です。
PV風ですが、何の映像かは不明。

長谷川さんの演奏はオケは一切使わず、
全て生演奏なのですが、
年代によって、アレンジが異なるんです。

90年前後は、ピッチが速く攻撃的な感じ。
バックはカホーンとピアノというトリオが多い。

2000年に入ると現在のスタイルに。
ソロのみか、
カホーンと二人だけの編成か。
ピッチも若干緩やか。

自分的には、近年の方が、
ギター演奏に磨きがかかっていて、
終了後「ブラボー!!」と
叫びたくなるのです。



この記事へのコメント

他の邦楽懐メロブログはこちら⇒ にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

人気記事

カテゴリ

過去ログ