竹内まりや「不思議なピーチパイ」【山下達郎と結婚する前】

fushigina-peach pie.jpg

【発売年日】1980/02/05
【最高順位】3位
【年間順位】30位
【売上枚数】39.2万枚


もう季節は初夏に向かっているので、
春うたシリーズもこの辺で打ち止めに。

音楽界の大御所となった竹内まりやの登場。
といっても、このブログは音楽番組の出演がないと
取り上げないコンセプト。
今では全くメディアに登場しない竹内さんも、
デビュー当時は結構テレビ出演多数あり。
この曲は初期の代表作です。

試聴音源がリリースされたないので、
代わりにChayのカバーをはりつけときます。

不思議なピーチパイ
chay
2012/10/24 ¥250

この曲の情報アラカルト


資生堂春のキャンペーンソング
4作目にして初めてのヒットになりました。

peach pie cm.jpg

CMにはあのマリアンが器用されてます。
初々しいですね。

この曲意外、初期のシングルは
オリコン30位以下をうろうろ。
竹内さんはアルバム歌手ってとこですね。

ちなみに、
竹内さんの最高位は、
19作品目(89年)の「シングル・アゲイン」(2位)
サスペンスドラマの主題歌でしたね。
それまではこの曲意外は10位にもランクインしなかったのが、
不倫、OLなど憂いお帯びた大人の歌に転換してから、
シングルもブレイクするようになりました。

最高売り上げは、26作品目(94年)の
「純愛ラプソディ」(89.6万枚)でした。
これもトレンドドラマの主題歌でした。

この「不思議な~」は、
作詞が安井かずみ、作曲が加藤和彦という黄金タッグ。
初期は他人の作品を歌っていたのですね。


なぜ、今はメディアにほとんど登場しなくなったのか?


出雲大社前の老舗旅館のお嬢様。
高校時代にアメリカ留学や、
慶応大学英文学部入学し、
デビュー当時は、英語ペラペラな
国際派アイドル的な扱い
を受けてました。
ポップで明るい曲調でいつもにこにこ歌ってましたよね。

それが嫌だったのと、
82年に山下達郎と結婚し、
子育てなど家庭生活を優先させたかった
からだそうです。

この間、約20年もテレビ出演もライブ活動も一切行わず
じっくりとアルバム制作を行い、
他の歌手に曲を提供する程度。

今では子育てもひと段落し、
待望のライブ活動を再開
2000年にFM局の記念イベントとしてのライブを皮きりに、
2010年、2014年の33年ぶりの全国ツアーと
精力的に行っています。

この夫婦、
お互いのレコーディングやライブに
バックコーラスとして参加したり、
仲むつまじいですね。

メディアへの登場としては、
93年のレコード大賞アルバム賞受賞を受け、
この番組だけのPV「家に帰ろう」が放送され、
久々に動くまりや様を見ることができました。
これを契機に、
それまでチャート番組には写真でしか登場しなかったのに、
その後は本人出演のPVを作るようになりました。

2007年にはNHK「SONGS」に出演し、
口パクのPV風ではありましたが、
「人生の扉」を歌唱し話題に。
2008年にも出演しています。

現在、62歳とは思えない、
張りのある歌声と美貌は驚きです。


歌番組:TBS「ザ・ベストテン」より

不思議なピーチパイ    竹内まりや    1980_Snapshot.jpg
※YouTube関連動画はこちら

この曲では夜ヒットなど多くのテレビ番組で歌唱しました。

この画像は、ベストテン「今週のスポットライト」に
出演した時のものです。

その後売上が急上昇し、
ベストテン最高位3位までアップしました。

衣装やセットの色合いがパステルぽくって、
アイドルっぽさがありますね。

不思議なピーチパイ    竹内まりや    1980.mp4_000051989.jpg

この頃は愛嬌のある笑顔が
ビーバーみたいですね(笑)



この記事へのコメント

他の邦楽懐メロブログはこちら⇒ にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

人気記事

カテゴリ

過去ログ