X-JAPAN toshiの洗脳騒動の元凶は、ベストテン出場歌手の元アイドルだった【音楽番組の闇シリーズ②】

sennou1.jpg
X-JAPANのtoshiの12年もの洗脳が解けて
近年の活躍はめざましいですね。

2年連続で紅白歌合戦に出場し、
昨年はゴジラをやっつけてました(笑)

3月からは、X・JAPANの自叙伝的
ドキュメンタリー映画「WE ARE X」
ハリウッド進出に向けて世界公開されました。
toshiの洗脳やhideの自殺など赤裸々に。

そんな長年の洗脳騒動の裏で、
あのベストテン出場歌手で
元アイドルの○○の存在
が。


洗脳前後のtoshiの画像を比べてみよう


まず、洗脳騒動を暴露した金スマの出演画像。
アーティストオーラ全開ですね。kinsuma toshi.jpg

この番組の内容、リアルタイムに見てましたが、
結構ショッキング。

カルト集団を主宰するMASAYA氏の巧みな誘いと洗脳。
妻の強引な監禁洗脳。

教団施設に自主的な名目で住み、
半ば強制的に監禁生活
暴言や暴力の日々、
toshiが一番のコンプレックスである
「あごのしゃくれ」を毎日罵倒され続ける。

そして、
「駄目男のお前には、お金を稼ぐしか方法はない」として、
MASAYA氏が作詞する自然崇拝のヒーリング音楽を、
小さなお店で演奏する日々だったとか。

その頃の画像がこちら↓↓

toshi sennout-tyuu.jpg

まったくロック歌手の面影がないですね。
ただの冴えないおっさん。
洗脳の怖さがわかります。


洗脳した元妻はベストテン出場した元アイドルだった!


みなさん、「守谷香」っていう80年代アイドル知ってますか?

1986年、松竹「ミス・レインボー」25,000人の中から
グランプリ受賞にてデビュー。
映画「アイドルを探せ」でデビューしました。

デビュー曲「予告編」は
なんとTBS「ザ・ベストテン」にランクイン


moritani kaori-yokokuhen.jpg

当時、テレビ歌番組の露出はほとんどなく、
一般的には無名に近いアイドル。

オリコンマニアだった自分は、
購入したオリコン裏表紙に、
この「予告編」の発売広告が全面に出ていて、
「しらね~アイドルだな。でも金かけてるな」
くらいの印象。

ベストテンに初登場10位で出演した直後、
TBSには苦情の電話が殺到
したとか。
「なんで売れてないアイドルがランクされるのか」
「ベストテンも金で動くようになってしまったのか」など。

moritani kaori-yokokuhen (2).jpg

たしかに、ルックスは清純派を装ってるけど、
奥二重の切れ長の目で、歌も下手。
曲ともどもぱっとしない感じでした。
ただし、作曲はあの「筒見京平」なんですよ~。

記憶が定かではありませんが、
ベストテンの4つの要素の一つ
「はがきリクエスト」で7位くらいに入ってって、
ファンの組織票が多いんだなって当時驚いた。

ちなみに、「予告編」のオリコン売上は、
最高位12位、総売り上げ4万枚
そう考えると、
ベストテンランクインもねつ造じゃなかったようです。

その後のリリースは、
2nd「あの空は夏の中」で最高位46位で、
その後はオリコン100位にランクインせず。

アニメのキテレツ大百科のOPも歌ってたそうです。


その後、toshiが主演したロックオペラ「ハムレット」で
相手役を務めたことがきっかけで、
4年越しの交際後の97年2月に結婚

kinsuma toshi singunkiji.jpg

そして、洗脳の主犯格として、
toshiに馬乗りになり、
「このアゴ男!」と罵倒し殴り続けるんですから。

次の画像は、洗脳の最中に、
とある情報番組にMASAYA氏と3人で出演し、
「洗脳はない」とtoshiが主張する一幕。

toshi-kaoru sennou.JPG

心配げにtoshiを見つめる守谷さんの表情が
どこか意味深ですよね。

現在は、WANKU(わんくぅ)という名前になりましたが、
活動は行っていないそうです。
MASAYA氏とできているって噂も。

↓↓WANKU時代の最近の楽曲の試聴↓↓
SEPTEMBER RAIN wanku moritani kaori Version
守谷 香
¥ 200

デビュー曲は超へたくそでしたが、
この曲は、カヒミカリィ張りの
アンニュイフレンチポップス目指してるのかな。
ミキサーでごまかしてるみたいだけど。


あの時代をときめくアイドルも、
様々な変容ぶりですね。
時代は流れているんですね。





この記事へのコメント

他の邦楽懐メロブログはこちら⇒ にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

人気記事

カテゴリ

過去ログ