TBS「ザ・ベストテン」に出演を拒否し続けた歌手たち【音楽番組の闇シリーズ⑤】

2019/09/12 22:57
従来の出演してくれる歌手ありきの「キャスティング方式」から、 出演の可否は関係なく公平な順位を基にした「ランキング方式」へ、 ザ・ベストテンは歴史に残る大転換をしたのでした。 このため、今までの音楽番組には出演できなかった 珍しい歌手たちが登場し、楽曲のよさで勝負できた時代でした。 特に、今までの音楽界を牛耳ってきたアイドル系、演歌系、歌謡曲系だけでなく、 ロック、フォーク、ニューミュージック系の出演に 放送翌日の学校や職場は話が持ちきりでした。 ..

続きを読む

ユーミン×帝劇『朝陽の中で微笑んで』【感想】未来の純愛の形がこれか?

2017/12/17 22:19
私が敬愛してやまないユーミン嬢の3年ぶりの帝劇に行ってきました。 今回は、ユーミン自身も最も歌唱が難しいと言っている荒井由実時代の名曲「朝陽の中で微笑んで」をモチーフにしたもの。 ユーミンバージョンが公開されてないので、代わりにハイファイセット。 この曲個人的に好きなんですよね~。なんだかやるせない雰囲気というか、テンション下がってる時に聞くと寄り添ってくれるというか・・・ テーマはずばり「時空を超えた純愛物語」 脚本&演出の旦那松任谷正隆さんは..

続きを読む

恐怖!音楽番組放送中に現れた幽霊の正体とは?【音楽番組の闇シリーズ④】

2017/08/07 17:18
音楽番組の視聴者から 「あの歌手の歌唱シーンで幽霊が写っていた」など、 問い合わせ電話が多数寄せられることも。 今回は、 数ある事件の中から、 有名なものをピックアップ。 ただの幽霊ではないんです。 悲しいエピソードが重なるケースも。 これはネットのゴシップを集めたものなので、 信じるか、信じないかは、あなた次第です! 幽霊検証①「自殺した岡田有希子の亡霊か?」 人気絶頂だった岡田有希子は、 86年4月8日、所属事務所のビルの屋..

続きを読む

山下達郎のライブに行ってきました【64歳のプロ魂を見た】

2017/06/11 21:03
4年ぶり人生2度目の達郎ライブに、昨日6月10日(土)中野サンプラザに行ってきました! 64歳のおじいさんともいえる年齢で、3時間半にも及ぶ長丁場公演でも、つややかな張りのある歌声は終始健在。一切ぶれない。 歌声も、生演奏も、CDよりずっと上手いってアーティストそんないないんじゃないでしょうか?特に、この打ち込み全盛のご時世では。 前回もそうですが、プロ根性がはんぱなく、もう怪物!いや天賦の天才です。この人。 争奪戦のチケットと、いまどきのチェ..

続きを読む

残念!昔の歌唱VTRの再放送不可の歌手とは?【音楽番組の闇シリーズ③】 】

2017/05/20 06:38
近年、国内のヒット曲の市場規模縮小に伴い、 昔の歌唱VTRを放送する懐メロ番組が急増。 音楽特番だけでなく、 ウィークリーの音楽番組も必ず懐メロコーナーを設けている。 CDTVとか、 生歌中心だったMステでさえも、 近年「○○年の月間ランキング」を毎週結構な時間割いて放映。 そんな時間あるんなら、今売り出し中の歌手を出してやれよって。 この状況だけでも、 現代のヒット曲が壊滅状態にあること、 そして、昔の歌の良さが見直されていること、 テ..

続きを読む

TBS「COUNT DOWN TV」のチャート集計方法が遂に変わった!【CD時代の終わりの到来】

2017/04/13 06:33
1993年から24年間も続く、 地上波の御長寿チャート番組。 TBSはチャート番組にこだわる。 昭和をときめく元祖「ザ・ベストテン」から バブル期の長期空白期間を経て 92~93「CountDown100(山田邦子と 渡辺正行)」で復活なるも短命。 そしてCGによる深夜番組として CDTVが続くことになります。 ただし、 近年のCD不況と音源の多様化に伴って、 CD売上中心のチャートの音楽ジャンルの偏りに つまらなさを感じてきた チャ..

続きを読む

もっと見る

他の邦楽懐メロブログはこちら⇒ にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

人気記事

カテゴリ

過去ログ